この記事では

赤ちゃんの『でべそ(臍ヘルニア)』
専用治療具


ニチバン『へそ圧迫材パック』


の貼り方から、はがし方までを
5つのステップでご紹介します。  



この動画をみるまでは、ぼくも

『自分で貼るのは、難しいんじゃないか?』

と思ってましたが、想像以上に簡単でした。



今までありそうでなかった
赤ちゃんの『でべそ』専用治療具
『へそ圧迫材パック』のレビュー記事はこちら


ご家庭で処置される場合は
必ず医師の診察、指導を受けた上で
行うようにして下さい。





処置を行う前に


処置を行う前に、へそ周囲の異常が無いか確認します
IMG_8486





セット内容はシンプルに
以下の3つです。


これが一箱に入っているので、
いちいち買いそろえる手間がありません。
IMG_8487




STEP1 テープAの粘着面にへそ圧迫材をのせる
IMG_8488




テープAの黄色い剥離紙を
はがします。
IMG_8489




粘着面にへそ圧迫材を置きます。

IMG_8490





STEP2 へそ圧迫材をへそにピッタリと押し当てる
IMG_8491



テープAの両はしを両手で持ちます。

IMG_8492




へそ圧迫材の先端を、赤ちゃんのヘルニア部分にぴったりと押し当てます。
IMG_8493



STEP3 へそ圧迫材をしっかりと押し込みながらテープAを貼る
IMG_8494


はじめはちょっと
怖いかもしれませんが
親指でしっかりと押し込みます。

IMG_8495



親指で押さえながら
中央から外側に向かって、
テープを貼ります。
IMG_8496



なるべくシワにならないように、
ピッタリとおさえて
肌に密着するように貼ってください。

IMG_8497




上のフィルムを片方ずつはがします。
IMG_8498


シワがない状態だと、
このように綺麗に貼れます。
IMG_8499



STEP4 テープBをテープAの上に貼る
IMG_8500



先程貼ったテープAの上から、固定用にテープBを貼ります。
IMG_8501



テープBの粘着力は強いので
テープAからはみ出さないように貼ってください。

皮膚トラブルの原因になる場合があります。

IMG_8502




テープBを貼るときに
へそ圧迫材パックを押さえながらはるのがコツです。
IMG_8505

これにより、テープAと圧迫材の間が
少し浮いていても、テープBで固定されるので大丈夫です。

もしシワができても、途中ではがさないでくださいね。


これで完成です!

IMG_8506



貼り終わったら
5日から7日間様子を見ます。

お風呂は入って大丈夫です。

IMG_8507



皮膚トラブルがあった場合は
がしてください。
再開時期は医師と相談してください。

IMG_8508




STEP5 テープをはがす
IMG_8509





赤ちゃんの皮膚はデリケートなので
皮膚を手で押さえながら、
少しづつゆっくりと、
フィルムをはがしてください。
IMG_8510


これでキレイにはがれます。



以上ニチバン『へそ圧迫材パック』の貼り方から、はがし方まででした。



今回は公式のYoutube動画から
貼り方、はがし方の
説明をしましたが、


病院では、先生から直接指導してもらえますので、ご使用に当たっては、
先生と良く相談してみて下さい。

 

スポンサードリンク