IMG_9199

子育て世代の共働き家族にとって
いまやAmazonや楽天などのネット通販は、なくてはならない必需品になっています。



まして子供が小さいうちは
オムツや、おしりふきを定期購入したり、もはや生活インフラと言っても過言ではないですよね。



しかしふたりとも仕事をしている
子育て世代の家に平日の昼間から、
荷物を持ってこられても....



ドライバーの方には申し訳ないですけど、居るわけありませんよね。



そして帰ってきて目にする不在のお知らせ...

IMG_8756





仕方なく、仕事から帰ってきてそうな遅めの時間に再配達を依頼して見ても
またもや一足遅く、
不在のお知らせが....


こんなことが2回、3回と続くと


ストレスがマックスですよね?




この記事では
そんなストレスを抱える
あなたにお送りする


『再配達をスマートに受け取る』秘訣
をお伝えします。


今すぐできる
無料の対策もありますので
すぐ実践して、今すぐストレスフリーになりましょう!






1.昔は運送会社ごとに、再配達依頼をしていました。ー今は無料アプリ『ウケトル』で一括管理ができます。



荷物の不在票って、ほっておくと
どこかにいったり
ヤマトの不在票が佐川のと一緒になったり...


不在票は複数を管理するのって
かなり面倒くさいですよね?


実はこの問題を解決できる
無料のアプリがあるんです。


登録したその日から
もう、不在票の管理で
悩まされることはなくなりますよ!


そのアプリの名前は
『ウケトル』と言います。
iOS とAndroid に対応していますよ。



『ウケトル』でできるのはこんなこと

1.荷物が近くまで来たら、お知らせ
→到着の予定が組める

2.アプリから再配達依頼
→アプリに通知が来るので、出先からでも再配達依頼ができる


3.購入履歴からも再配達依頼
→アプリの購入管理画面からも、再配達依頼ができるので
不在票を捨ててしまっても大丈夫!



公式Youtubeもどうぞ


アマゾン、楽天、で買ったものの
配送管理がアプリで
一括でできるのは、


『控えめに言って神』ですね。
 

悩んでいる、今の間にインストールは終わりますよ。
無料なんで、サクッと入れておきましょう。

ダウンロードはこちらから



ぼくも、もっと早く知りたかった...



外出中でも再配達の荷物を受け取る方法。

IMG_8755



いざ再配達を依頼しても
タイミングによっては
どうしても外せない用事ができたり


その時間だけ、たまたま外出してたり


そんな時、たまに心優しい宅配ドライバーさんが、電話をかけてきてくれるときがありますよね?


そんなときあなたも

『あ〜、出先からでも鍵を開けれたら便利だろうな〜』って
思ったこと無いですか?


実は今、それが実現できるデバイスがあります。


それが『スマートロック』です。


スマートロックとは
民泊オーナーさんや
お店を経営しているオーナーさんたちの間で普及し始めている、



スマートフォンを鍵の変わりに使って
鍵を開け閉めすることができる
デバイスです。




スマートフォンと『スマートロック』は、Wi−Fiでインターネット接続できるので、
外出中でも、外から鍵を開け締めすることができるんです。



導入された皆さん
おおむね好評です。







ぼくもスマートロックを持っているのですが、
再配達の受取時に実践している方法は下記の通り。


1.再配達の不在票にある、ドライバーへ電話
  
2.ついたら電話するよう依頼

3.到着後、スマートロックで解錠

4.荷物置いたのを、電話口で確認してスマートロックで施錠



電話さえ出られれば、かなりの確率で
荷物を受け取ることができます。



『スマートロック』のメーカーはいくつかありますが、
ぼくが使ってるセサミ スマートロックはコスパが良くておすすめです。


ぼくのセサミのレビュー記事はこちら

 
今は新機種のセサミ ミニが出ているのですが、クラウドファンディングサイトのマクアケでの支援プロジェクトは終了。


残念ながら現在は
注文できない状態です。




あと、代表的な
再配達対策として皆さん考えつくのが
宅配ボックスですよね?
IMG_9200


でも、宅配ボックスに届けてもらった荷物が、盗難されることがあるって知ってました?


宅配ボックス、盗難に注意 手口は簡単、 新聞とテープで
朝日新聞



どうやら、不在票をテープにくっつけて取り出し、暗証番号を盗む手口のようですね。


他にも、宅配ボックスごと盗まれたり
偽の宅配ボックスを設置されたりと
宅配ボックスでの盗難トラブルは意外とあります。


なので宅配ボックスを導入しようとしている人は、
セキュリティ対策をまず第一に検討してから設置するようにしましょう。



セキュリティ対策さえ、しっかりできていれば、宅配ボックスの設置は、コスパの良い選択と言えます。



Panasonicの宅配ボックスが
少し高価ですが
セキュリティ対策面で安心です。


ヤマトの無料サービス:あまり知られていない
『Myカレンダーサービス』で無駄なく受け取る方法。




ヤマト運輸限定ですが
『Myカレンダーサービス』という無料サービスがあります。


このサービスを使うと
あらかじめ、自分が荷物を受け取るのに都合のいい場所や時間帯を
『曜日ごと』に設定できます。


一度登録しておけば
後は自動的にその時間帯に届くように
なります。


初回登録の手間はかかりますが
無料で利用可能なサービスなので
通販利用の多い人は
何も考えずに、サクッと登録しておきましょう



 『Myカレンダーサービス』
登録はこちらから



もう一つ無料でいうなら、
言うまでもなく


自宅以外での受け取りも
選択肢として、検討の余地ありです。





結論

『世界が変わります!』 再配達受け取りのスマート化はこれで完成。

IMG_9201


ここまで、3つの再配達の受け取り対策をご紹介しましたが、


ぼくが最もおすすめする
『再配達の荷物をスマートに受け取る方法』は


『ウケトル』と『スマートロック』の組み合わせ

です 。




理由はシンプルに
利便性とセキュリティのコスパが良いから。




宅配ボックスの設置は
どうしても、外に荷物を置いておくことになり、そのセキュリティ対策を万全にしようとするとかなりのコストがかかります。



対して、『ウケトル』アプリで
在宅中に受け取る確率を高め、
どうしても無理な場合は
スマートロックを使って
遠隔で鍵の解錠、施錠管理ができれば



利便性とセキュリティが両立できる
と考えました。



実際導入している
ぼくから言わせてもらうと
 


『マジで、世界が変わりますよ』 



今からでも遅くないです。



早速導入して、不在通知のストレスとはサヨナラの、快適生活を実現しましょう!

IMG_9202


以上、再配達の荷物をスマートに受け取る方法のご紹介でした。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。






















 
スポンサードリンク