メディカルチェーン気になるけど、買い方がわからないという方に、購入手順と取引所まとめを書いておきます。

MTNトークン現在の価格はこちら




現在メディカルチェーンのMTNトークンは、下記の6つの海外取引所から購入することが出来ます。

※7/10追記
HUOBI、KuCoinが先月相次いで日本人向けサービスの停止を発表しております。


現在少し制限があるものの、2つとも使えているようですが、やはり一抹の不安が残りますよね。


ここは素直に他の取引所、その中でも流通量的に無難なGate.ioにしておきましょう。


ちなみに、現時点でのHuobi KuCoinの対応は以下の通りになります。


HUOBI
・日本語ページの削除
・サービス完全停止の3ヶ月前に告知
・ウォレットは停止予定無し
・日本でのサービス再開に向け準備


KuCoin
・日本語ページの削除
・日本人のKYC不可
→出金制限2BTC/日に









QRYPTOS -日本からの登録不可






MTNトークンは日本の取引所には上場していない為、購入手順としては



①日本の取引所で口座開設
     ↓
②ビットコインまたはイーサリアムを購入
     ↓
③上記のうち、いずれかの海外取引所の口座開設
     ↓
④日本の取引所から海外取引所へ送金
     ↓
⑤MTNトークン購入



となります。


購入したトークンはハードウェアウオレットとマイイーサウォレットのダウンロード版の組み合わせでホールドがおすすめですよ。

ハードウェアウォレットは「Ledger Nano S」がおすすめです。中古や、非正規ショップで買うとウイルスを仕込まれている可能性があり、危険なので正規代理店で購入しましょう

【Ledger Nano Sを正規代理店で購入する】

マイイーサウォレットの作成方法はこちら

マイイーサウォレットにMTNを追加する方法はこちら


 ※7/10現在新規登録を停止しています。
日本の口座をまだ持ってないって方はBitflyerがおすすめです。「取引量・ユーザー数・資本金がNo1」かつ不正があって資産に被害があった場合は、500万円までの補償制度まであります。
ぼくはもともとCoinCheckでしたが、あの一件以来bitFlyer一択です。



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


次に上記の海外取引所のうち、いずれかの口座を開設。

6つもあってよくわからない場合は、日本語対応してるHuobiかKucoinが普通に良いと思います。 
※7/10現在Huobi Kucoinともに日本語表示は無くなっています
ぼくも一応TOEICで890点取ってたりするので、英語は得意な方なのですがやっぱりお金を動かすとなると、ちょっとストレスになります。


と言うわけでメディカルチェーン購入可能な取引所で、日本語対応してるの

Huobi
KuCoin

日本語未対応 
Huobi
KuCoin 
Gate.io
Coinbene

となります。残りの
Bitfinexは初回登録に10,000$必要
Qryptosはそもそも日本から登録不可の為、条件がクリアできる方以外は難しいと思います。

少しでもメディカルチェーンの購入を検討している人は、買い時の機会損失を避けるために
取引所の開設だけでもしておくべきです。



Huobiについては下記記事で登録方法を詳しく書いてます↓


【初心者向け】メディカルチェーン MTN買うなら、日本語対応のHuobiが良いと思います
※Huobiは現在日本語非対応です

KuCoinは
上記取引上の中では一番チャートなどUIデザインがきれいで見易いですし。またMTNの取引量も多く、メイン取引所として充分対応可能です。


日本語非対応ですが、上記に無い草コインも集めたい方はGateやCoinbeneもおすすめです。 

以上以外と少ないメディカルチェーンMTNトークンの買い方 取引所まとめでした。

 
スポンサードリンク